ブートCDですか?MIRAGE「LIVE ARCHIVE 1997〜1999」

1つ前のエントリーで「BURIAL」について書いたので、同時購入した「LIVE ARCHIVE 1997〜1999」についても感想を書いておきます。

この「LIVE ARCHIVE 1997〜1999」という作品は、タイトル通り当時のライブ音源をCD化したものです。
が、音質が驚くほど悪いです(笑)
素人の観客が客席からテレコで録ったにしては良いほうかな位の音質で、これを現代においてオフィシャルな作品として発表するのはいかがなものかというくらいです。
しかもこれまた6曲で2700円という信じられない価格…!

1曲目は第1期の「DRESS」。
ライブ音源の最初っからバラードを持ってくるとは…。
何か狙いがあるんでしょうか?
しかもいきなりギターのフィードバック音で音が潰れます。

2曲目「PERSONA」。
ライブならではの勢いもあってカッコ良くて期待が高まりますが、いきなり音が割れ始めます。
せっかくカッコ良いのに残念です。

3曲目「NADIR…」。
これも個人的には好きな楽曲なので期待していたのですが、音が割れまくりで聴き難い…。
記録用のビデオから音だけ抜いたのかな。

4曲目、ここから第二期「…Air」。
音質は相変わらず聴き難く、客席の話し声も入っているといういらないおまけ付き。
当時のCD音源よりもAKIRA氏の歌が安定しているような気もする。

5曲目「BACTERIA」。
前曲よりもさらにこもってしまい聴き取り難くなっている音質。
なんとかならなかったのかな。

6曲目「I.D」。
初っ端の「かかってこい!」だけ聴くと、大昔のLUNA SEAのテレコかと錯覚します。
演奏が始まるともう音がぐちゃぐちゃで何がなんだか…。

全体の感想は……これは現代において販売して良いものじゃない!(笑)
大昔にSILVER ROSEが円盤屋から販売していた「SILVER ROSE LIVE ! NEW ROSE TOUR 1992」よりもさらに音質が悪くて曲数少なくて高いという…。
(あれでさえ11曲で2000円だったぞ!)

例えばこれが「BURIAL」のおまけで2枚組2700円なら納得もいっていたかもしれない。
この音質でこの選曲で6曲2700円はちょっと…。
神へのお布施なのだと考えて納得させるしかないか。
(2019/07/27現在、Amazonで1909円になってるけどそれでも超高額に感じる)


あの頃のジャケ買いとか事前情報だけで買って大失敗みたいなのを味わいたい方へオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください