久しぶりの更新は毎回生存報告

早くも2020年初の更新から半年が過ぎてしまいました…。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

更新しない間に新型コロナウイルス が世間を賑わせていたり、そのせいでアーティストやライブハウス が苦境に陥り「鹿鳴館伝説」というオムニバスが出たりとか色々ありましたね。
わたしも買いましたよ、SUTH:VICIOUSの「J・U・D・A・S」を聴くためだけに。(嫁ちゃんにサスビのためだけに使う金額じゃないよね…と呆れられました。)

「J・U・D・A・S」は当時GRUDGE CURSEとのカップリングで会場限定で販売されていた「LOST DAYS」というCDに収録のテイクでしたね。
元々所持していたんですが、かれこれ10年以上前の引越しの時に荷物が片付かなくて燃えないゴミに出してしまったのです(泣)
(その時に500枚くらい一気にCDを捨ててしまった。勿体なかったなあ。)
わたしが持っていたのは後に一部で店頭販売される前のもので、ジャケットにToshiA氏とSADAYA氏のサインが入ったものでした。
一部で店頭販売されたものはサイン無しでなんか薄い紙が追加されてたな。
他にも結成当初に無料配布されたらしいデモテープの「J・U・D・A・S」もあるようですが、聴き慣れたCDのが収録されていて安心しました。
(変に音質が悪いのだったらガッカリだったので。)

そんな「鹿鳴館伝説」を一応一通りは聴いたんですが、Ravecraftの「流星」はアルバム「01」のとは別テイクっぽいですね。
リレコーディングアルバムのなのかな?
あとEye for youの「Eye for you」はCDのともデモテープのとも違いますよね。
わたしは今回のが一番好きだなあ。

あ、別に「鹿鳴館伝説」について書きたかったわけじゃなくて、コロナにも罹らず元気に生きていますということです。
更新していない間に大学受験を控えた長男氏には東京で高い服を買わされたり、エフェクターも新たに買わされたりとかして、長女ちゃんも高校受験に失敗(!)したものの無事に第二志望の高校に通い始め、次男氏は中学生になりプロゲーマーを目指してオンライン対戦でプロゲーマーに勝利していたり、嫁ちゃんは職場でちょっと偉くなって稼ぎが良くなったので薄給パパの肩身が狭くなってしまったりとかしつつ家族で日々楽しく過ごしています。
(次男氏のゲームの腕は学校でも有名なようで、三者面談でも先生に「ゲーム関係の道に進ませたほうが良い!」と言われるくらいで我々夫婦はビビりました。)

とりとめもなく書いたところで音楽的なネタはまた次回にでも…。
次こそは短いスパンで更新するぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください