摩天楼オペラ Human Dignity TOUR 小樽GOLD STONE 公演に親子で行ってきたぞ!

小樽にしてはかなり健闘した動員!

本日は、摩天楼オペラの小樽ライブに夫婦+長男で行って参りました。

地元のバンドのライブで2回ほどGOLD STONEには行っていましたが(あとカフェでのお食事と)、メジャーのアーティストでビジュアル系のバンドをこの箱で見るのは初めてです。
おまけに摩天楼オペラを見に行くのも初めて!
「お、小樽に摩天楼オペラ来るんだ!折角小樽なんぞに来てくれるんだから足を運ばねば!」という至極単純な理由で行くことにしたのです。

何枚かCDを持っているけど聴き込んでいるというには程遠く、「Human Dignity」の楽曲を数曲なんとか覚えているくらいですが、昔は音源も出ていないインディーズバンドを見に行っていたわけだからなんとかなるだろうと。。

で、札幌まで見に行くのとは違うので開場直前に家を出てGOLD STONEに向かったのですが、開場を待つ人の列が意外と多くてちょっとびっくり。
正直、札幌でも他のアーティストのライブが被りまくっているし、小樽という土地だしそんなに人来ないんじゃないかと心配していたのでこれは嬉しい誤算。

開場して中を見渡しても結構人がいましたね。
最終的には100人以上はいたと思うのですが、小樽ということを考えたらこれは大したもんですよ。
もう少し摩天楼オペラの存在とGOLD STONEの箱の良さが浸透したら、もっと動員できるはず。
最近ワンマンで札幌にすら来てくれないNoGoDやばいっすよ、これは完敗ですよ!
NoGoDがもし小樽でライブやっても今ならこんなに入らないんじゃないかな…。

それは置いておいて、ライブ自体もとーっても良かったです。
最初は、「おや?摩天楼オペラのファンって結構大人しいのかな?」って思っていたんですが、曲が進むとどんどん熱くなってきて、超ノリノリでしたね。
正直完璧にわかる曲はほとんどなかったのですが、歌も上手いし演奏も上手いのでとても楽しめました。
ドラムが凄い迫力で、それに負けじと音が被さっていくのでライブ用の耳栓は必須と感じましたね。
あと、ショルダーキーボードをメインで使いまくるビジュアル系バンドというのは初めてだったので、凄く新鮮でした。

嫁ちゃんの職場の女の子が「摩天楼オペラってクセのある歌い方ですよね」って言ってたらしく、「CDで聴くぶんにはまあそうだなあ」と思っていたのですが、ライブで聴いたらクセはそんなんでもなくて、歌の上手さが際立ってて良かったな。
MCでは小樽を(GOLD STONEを)気に入ってくれた風だったので、それがとても嬉しかったです。

ライブ終了を告げるアナウンスが流れても止まないアンコールも熱かった!
正直、「まあ出てきてくれるでしょ!」とは思っていたのですが、それでも本当に出てくると嬉しいもんです。
摩天楼オペラのファンの方々はライブマナーも良くて不快になる要素が全然なくて、初めてでも本当に楽しく見ることができましたよ。
メンバー、ファンの皆様ありがとうございました。
みんなまた絶対小樽に来てね!

夫婦揃ってカード主義なので現金をあまり持ってなかった故に物販買えなかったのが悔やまれます。。(朝まで仕事してたから降ろす暇なかったのよ。。)

Human Dignity良いアルバムよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください