ヤンキー兄ちゃんの衝動…SHADooW「Epicureanism」

今日はSHADooWの1st Mini Album「Epicureanism」について書いてみることとします。

なぜか知らないけれど、SHADooWと言えば「媚薬」、「媚薬」と言えばSHADooWっていうくらいSHADooWの音源レビューとかでは「媚薬」しか見掛けない。
確かに「媚薬」は名盤。
一曲目は歌詞のあまりのダサさに度肝を抜かれたけど、「M.I.D.A.R.A」は本当に名曲だ。
リリース元はD≒SIRE好きにはおなじみのシャリラレコードだし。

しかしこの一枚目「Epicureanism」はSTEPS RECORDSというちょっと僕は聞いたことの無いレーベルからのリリース。
ジャケ裏の写真も「媚薬」の頃とは様子が違っていて、HIROさん以外全員髪の毛逆立て系。

こういうルックス嫌いじゃないし、90年にCDを出せるくらいだから曲だって良いに違いないと期待に胸を膨らませて再生…
「うわぁ…歌下手糞!」
何と言うか、BUCK-TICKやBOφWYに憧れた田舎のヤンキー兄ちゃんがバンドを組んで、髪を逆立ててカッコ付けて勢いだけで歌っているって感じ。
突っ込み気味の演奏はまあこんなもんかって感じなんですけどね。

そしてよく考えたら昔、ロッキンfから出てた「ZETA」でこの頃のSHADooWの映像見たことあった!
この「Epicureanism」の2曲目「Vanity Love,Vanity Rose」をやっていたんだけど、僕の再生環境が悪かったせいか(aiwaのテレビ)、「Vanity Love! Vanity Rose!」って歌ってるのに「パンチラ!パンチラ!」って歌ってるようにしか聴こえなかった…。
いや、まだ元AIONの人がボーカルでHEATHがベースの頃のmedia youth目当てで買ったビデオだったのですっかり忘れていました。

話を「Epicureanism」に戻しますが、感想としては全体的にたるい曲にあからさまにカッコ付けてる歌に支配されていて「あれ?」って感じの作品です。
よく当時CDでリリースしたなあ。
デモテープで良かったのではなかろうか?
これが「媚薬」のような作品を作るバンドに化けるなんて誰が予想しただろうか?
あまりレビューが書かれないのには理由があったんですね。

でもロックは衝動が大事って言うし、ヤンキー兄ちゃんが初期衝動で作り上げた青春の一ページみたいに捉えると良いんじゃないでしょうか。
「父さんも昔はワルかったんだぞー。」みたいに後々語れるような感じで。
どんなバンドにも下手な時代はあるのです。

SHADooW「Epicureanism」

SHADooW「Epicureanism」

  1. SHADooW
  2. Vanity Love,Vanity Rose
  3. Epicureanism
  4. Rise up, Heaven
  5. Mirage

次の作品「媚薬」はレベルアップしていてほんとに良い作品ですよ。

ヤンキー兄ちゃんの衝動…SHADooW「Epicureanism」」への2件のフィードバック

  1. 遊夜

    SHADooWの音源をなんとなく探してたらここへたどり着きました。
    私がSHADooWと出会ったのは『3.Epicureanism』からでしたw
    逆に『媚薬』を聴いて「どうした!?めっちゃ変わったやん!!」てな感じで。
    ストロベリーフィールズのCD買った頃に買った気がするが定かではない。。。
    たしかに曲が軽く、デモテでもよかった気もしますが、
    私は何気によく聴いてましたよ。
    写真のジャケは2ndプレスとかですかね?
    私が買ったものはメンバーが4人写ってた様な・・・。
    今は手元にないので確認出来ませんが。

    また、覗きに来させて頂きます。

    90年代V系にどっぷりだったのでw

    返信
    1. intosh 投稿作成者

      はじめまして!コメントありがとうございます!
      わたしはSHADooWは「媚薬」からだったので、あまりの差にびっくりしました。
      っていうかこの記事を書いたこと自体忘れてて、今読み直すと結構酷いこと書いてますね…(^^;
      画像のジャケは表で、確か裏にメンバー写真がありましたね。
      同じく現在手元にないので確認できないのですが。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください