全部旧曲だけど新鮮な新録盤!JUSTY-NASTY「FAKE STAR」

LEZYNAのギターで生まれ変わった楽曲たち

JUSTY-NASTYのミニアルバム「4 FRENEMIES」の感想に続き、「FAKE STAR」についても書いていきますよー。

スポンサードリンク

1.「FAKE STAR」
「お、新曲!」と見せかけて、インディーズLEZYNA時代の当時ライブで演っていた曲だそうです。
その時のビデオをSHOWYが見て、耳コピして完成させたのだそうな。
確かに歌メロが昔のバッドボーイズロックンロールって感じですね。
アップテンポでカッコイイ曲です。

2.「PLASTIC ROMANTIC -Reprise-」
わたしが好きで好きでたまらない楽曲の待望の再録!
元々の楽曲にあった軽快な感じは鳴りを潜めて、サウンドは全体的に重厚感が増した仕上がりになっています。
特にギターが重たい音質になっています。
楽曲がアダルトな雰囲気になったという感じでしょうか。

3.「RUN BABY RUN -Reprise-」
これまた音が全体的に厚くなっています。
特にドラムの音がアルバム「”J”」とは全然違っていますので、昔のを知っていると慣れるまで違和感あるかも。

4.「ジェラシー -Reprise-」
この楽曲については藤崎賢一のソロアルバム「JUSTY-NASTY」でも過去にリメイクされていたので、それほど違和感もなくサラーっと聴けます。

5.「REBEL ON THE RUN -Reprise-」
昔の軽快な感じはそのままに音が厚く重くなっています。
ライブでも一緒に歌えるしこの曲の再録は嬉しいですね。

全ての楽曲が昔の曲の再録ですが、「FAKE STAR」以外は辻剛在籍時の楽曲なので「4 FRENEMIES」とは違う方向で攻めてきましたね。
ただ、どの楽曲も大幅にアレンジが変わっているということもないので、昔の楽曲をそのまま現代の音質でかつLEZYNAのギタープレイで楽しめるという感じでしょうか。
「PLASTIC ROMANTIC – Reprise-」がわたし的にはこの作品の目玉と最初は思っていたのですが、口ずさみやすい「FAKE STAR」の出来もとっても良いですね。

現在のところライブ会場とBEATNIKS RECORDSのオンラインストア限定と販路が限られているので、せっかくの良い作品なのになかなか広がっていかないのが残念。
前も書いたけど、せめてオンラインストアがカード決済に対応してくれたら買いやすいんだけどなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です