超遅ればせながらGYZE「BLACK BRIDE」を聴いたぞ!

GYZEの圧倒的な勢いが詰まった一枚

某電機屋さんの通販で頼んでいたGYZEの「BLACK BRIDE」が昨日ようやく到着しましたので、通しで聴いた感想などを書いておきます。

まず初めに断っておくと、わたしはGYZEも含めてその他のメタルと呼ばれるバンドが好きで聴いたりしますが、メタルというジャンルそのものが大好きというわけではありません。
メタルだから好きなのではなく、好きなバンドがメタルだったというだけですね。
だからメタルというジャンルに明るいわけではないのです。

それを念頭に置いた上で「BLACK BRIDE」の感想を書きますと、最初から最後までその勢いに圧倒されるという感じです。
前作「FASCINATING VIOLENCE」は、メジャーデビュー作でありながら現メンバーでの作品ではなかったので、現体制になってからの音源である今作には、メンバー全員とても力が入ったことでしょう。
前作よりもパワーアップしていて、全編において意気込みとか気迫とか鬼気迫るものが伝わってきます。

しかし正直なところ、ひ弱なおじさんには通しで聴くには疲れる作品という一面があるということも否定できません。
あまりにも攻め込んでくるので受け止めきれないというかなんというか。
最初から猛烈な勢いな上にトラックが進むにつれてその勢いが増してくるので、途中で止めたくなるんですよね。
起伏をしっかりと付けて、休めるところがあればなあというのがわたしの正直な感想です。
一曲一曲をバラで聴く分には良いと思うのですが。

これは前述の通り、わたしがメタルというジャンルに明るくないというのも大いに関係していることなので、根っからのメタラーにはこれで良いのだと思います。
しかし、わたしはGYZEにはメタルという狭いジャンルの中だけではなく、もっと広く世に認められてほしいと思っているので、そのためにもEP「WITHOUT HESITATION」に収録されていた「Call」のような楽曲も収録してほしいのです。(前にも同じこと書いたな)
わたしは、GYZEがX JAPANのような存在になれる可能性があると結構本気で思っているんですよね。

以上ぐだぐだと書いてきましたが、「BLACK BRIDE」カッコイイですよ。
とても良い作品です。
だからこそもっと知られてほしい。
そのためにも殻を破ってより広いフィールドに出て行ってほしい。
出たばかりで難ですが、早くも次作に期待してしまいます。
(というかわたしは次作で今後聴くか聴かないか決まるな。)


ジャケットからも気迫が感じられるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です