「灰とダイヤモンドAnthology」は確実に買いだ!

いきなりの衝撃!

わたくし、「灰とダイヤモンド」はGLAY史上最高の名盤!などというエントリーを書くくらいなので、当然のように「灰とダイヤモンドAnthology」は予約して購入しました。

曲を聴いたり、一通り特典映像も見たりしたので感想文をツラツラと書いていきますね。

まず、CDを再生していきなり驚いたのが「真夏の扉」が本当にデモバージョンで歌詞が全然違う!
「まあ、これが当時の商品に収録されなくて当然だわな」って感じの歌詞のハマり具合ではあるのですが、今となってはこういうのが聴けるのは楽しいですね。

続いての「彼女の”Modern…”」も同様にデモバージョンで歌詞が違います。
歌詞はまた「当時の商品に収録されなくて当然…」な感じではあるのですが、ギターのメインリフが商品盤より音が良いような気がする…。
デモバージョンなのになぜ?

他の曲に関してもミックスをやり直したりしたようで、音が全く変わっています。
(これは推測ですが、ミックスやり直したどころか、曲によってはボーカルも含め各パート違うテイクを使っていたりするんじゃないかなあ。)
ちょっとリマスタリングした程度だと、iTunesに取り込んだら大して違いがわからなかったりすることもしばしばですが、「灰とダイヤモンドAnthology」だと違いが明らかなのでオリジナル盤を持っている人もこれは買いですね。

Disc2に関しては、デモテープ収録曲がCDで聴けるのは嬉しいのですが、オムニバスCD収録曲は安値で手に入りやすいのであまりありがたみないかも…。

気になるDVDの内容は…

わたしが一番楽しみにしていたのがDisc3のDVDなのですが、当時の関係者が語っているのが主で、それにメンバーが雑談を被せていたりする感じです。
正直、関係者が喋っているのが聞き取り難くなってしまうので、メンバーの雑談を分けるかオフにできるようにするかして欲しかったですね。

当時のライブ映像も出てくるのですが、フルで収録されていないので、これもどうせならフルで見られるようにして欲しかったな。

あとエクスタシーの人やバズーカスタジオの人のトークは興味深かったのですが、TOKIさんのトークはちょっとしつこいかも…。
「終わったと思ったらまた出てくるのかよ!」っていう。
TOKIさんはこの作品以外でも頻繁に絡んでいるんだし、そんなに必要なかったんじゃないかな。
仲が良いのはわかるんですけどね。

あとメンバーがAKIRAやNOBUMASAについてほとんど触れていないのも淋しい。
バズーカスタジオの人が「ゲームを返してくれてない人がいる」って話で、AKIRAのことがちらっと出てきた程度でした。

総評は「確実に買い!」

期待していたDVDに物足りなさを感じたものの、CDのほうが期待以上に良かったのでオリジナル盤を持っている人でも(むしろ持っている人こそ)楽しんで聴けると思います。
まだサラッと流す程度にしか聴いていないので、もっと聴き込んで細かい違いとか確認しようっと。

余談ですが、ブックレットに誤植?があって「if〜灰とダイアモンド〜」になっていましたよ。
(引っ張り出すの面倒で確認してないんだけどオリジナルもそうだったっけ?)

2014年5月27日追記)
「if〜灰とダイアモンド〜」になっているのはオリジナルでもそうだとすぐに情報いただきました。
KAIDOさん情報ありがとうございました。


オリジナルと聴き比べるのが楽しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です