ドラマ版東京バンドワゴン第九話を見ての感想

ラストに向かって

前回第八話の最後から繋がる感じでスタートしましたが、いよいよドラマ版は完全にラストに向かっている雰囲気ありありですね。
残念ながら、原作のこの回に関わるお話は読んでいないので原作との比較ができませんでしたが、ドラマ単体で見る分には特に可もなく不可もなくといった感じでした。

しかし、真奈美さんって原作のイメージとドラマ版の役者さんのイメージ全然違いますよね…。
ドラマ版はこれはこれでとても良いと思うのですが、原作のイメージと違い過ぎて戸惑う。

次回(最終回)のお話は、原作で読んだことのあるエピソードも混じっているようですので、今からちょっと楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください