小樽雪あかりの路2015へ行ってきたよ!(手宮線会場と運河会場)

今年も心温まる時期がやってきた!

寒くて雪が多くてうんざりする小樽の冬ですが、そんな時期の唯一のお楽しみイベント「小樽雪あかりの路」が今年も開催されています。

わたしは開催初日の2月6日に手宮線会場と運河会場に行ってきました。
(翌日には朝里川温泉会場にも行ってきた。)
子どもたちは毎年恒例のスノー滑り台を楽しみ、わたしは雰囲気を楽しみつつ写真撮影に精を出しました。

規模でいくと同時期に開催されている「さっぽろ雪まつり」には負けますが、ロウソクのやわらかなあかりで心温まる「おたる雪あかりの路」も内容では負けてないと思います。
(市民参加型のイベントなので、そこら辺の民家とかでも玄関先で雪の中のロウソクに火を灯していたりします。そう考えると小樽市全体が会場みたいなものです。)

「おたる雪あかりの路2015」は2月15日の日曜まで開催されています。
「さっぽろ雪まつり」だけではなく夜は小樽にも足を運んでみてください。
また、運河プラザでは2月6日、7日、8日の三日間、「冬のガラス市」も開催されています。
素敵なガラス作品がお求めやすい価格で展示販売されていますので、こちらも是非足を運んでみてください。
わたしは「イルポンテ」のガラスのコップと「イメージ・グラス」の小樽運河モチーフのパネルを購入しました。

イメージ・グラスのパネル

イメージ・グラスのパネル

2015小樽雪あかりの路運河会場にて

2015小樽雪あかりの路運河会場にて

THETAでも撮影してきたので、一日一枚ずつアップしていきます。
(画像中のTHETAの文字をクリックして大きい画像でパノラマをお楽しみください)

小樽雪あかりの路2015 手宮線会場にて その1 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


THETAは暗いところには弱い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください