DISP LAIES FOREVER…

小樽発の伝説のV系バンドDISP LAIES

皆さんは小樽にかつてDISP LAIESというビジュアル系バンドが存在していたのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

95年頃から小樽、札幌を中心に活動していたバンドで、世間的なビジュアル系バンドのブームもありとても人気のあるバンドでした。
97年には、当時小樽にあったアートヒルズというライブハウスでワンマンライブを行い120名以上動員したりもしていましたね。(わたしも当時見に行きましたよ!)

初めてライブを見た時は、当時中3だったわたしにもわかるくらい演奏は上手くなかったのですが、楽曲の良さとアレンジの上手さ、ライブでのステージングがとてつもなくカッコ良くて、さらに演奏のほうもライブを重ねるごとに目に見えて上手くなっていったのを覚えています。
98年にはCDも全国流通でリリースし、札幌メッセホールでのワンマンも2回くらいやったんじゃないかな。

先日YOUTUBEを漁っていたら、そんなDISP LAIESのライブ映像がアップされていてノスタルジーに浸っていたんです。
札幌ファクトリーホールで行われた「BREAK OUT祭 98’」の時のライブ映像ですね。

すると、数年前にドラムの真実さんが亡くなっていたという情報が入ってきまして大変驚きました。
「さすがにもうバンドはやっていないだろうけど、皆さん何をしているのかなあ。小樽に住んでいたらまたどこかで会えたりするのかなあ。」とぼんやり思っていただけに結構な衝撃を受けました。

北海道ローカルのインディーズとは言え、かつて人気のあった人たちの楽曲、映像がこうして今もインターネットに残っていて、メンバーの方が亡くなっても残り続ける。
それが世間的に良いことなのか悪いことなのかわかりませんが、わたしは良いことだと思っています。
DISP LAIESの楽曲「OLDIES」でも、

ずっと鼓膜で響いて欲しいと願う 歴史の一小節

というフレーズがありますしね。
いつまでも忘れることはないでしょう。

自分が中3の時に一緒のイベントに出させてもらった際、楽屋で真実さんがガキの僕らにも気さくに話をしてくれたのをよく覚えています。
その時の会話で「KAIKIさんの入ったWITH SEXYが良いよ」って教えてもらって、札幌の玉光堂でWITH SEXYの「UNTRUE」を買ったんだよなあ。
真実さん、あの時はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です