(旧)岡川薬局7周年おめでたい!& Creator’s Talk vol.22

7周年おめでとうございます&ありがとうございます!

昨日4月30日は、(旧)岡川薬局7周年イベントとCreators Talk vol.22に参加してきました。

スポンサードリンク

参加してきましたとは言っても、遅刻な上にクリエイターではないわたくしども夫婦は皆さんのお話を後ろで聴いているのみでしたが。
しかし、彫刻フセンという凄い付箋を作っているmonmecciさんの中の人のお話だったり、今後の企画であったりを時には真剣に、時には面白おかしく聴けて楽しかったです。
(遅刻してきたので最初話についていけてなかったのは内緒だ!)
ここでできた繋がりが少しずつ広がっているのが感じられて、あんまり関係ないおじさんなのになんだか嬉しかったなあ。

(旧)岡川薬局の7周年ということで、後半は(旧)岡川薬局オーナーでありN合同会社の代表でもある福島慶介氏による昨年の振り返りと今後の展望に関するプレゼンが行われました。
内容はあんまり書けませんが、小樽の今後にとても希望が持てるお話がたくさんあったと個人的には思いました。

最近わたしは新しい時間的にハードな環境での仕事をしていることもあり、以前に比べると(旧)岡川薬局に来る頻度も減っていたし、森井秀明小樽市長さまがアレでアレな感じなので小樽に対する拘りみたいなのも薄れて、「こういうイベントに来るのもなんとなくフェードアウトかなあ」なんて感じになっていました。
しかし、久々に参加できたCreators Talkで皆さんのお話を聴いたり、小樽のために活動している福島さんのような方の話を聴いてまた前向きな気持ちになってきましたよ。

これ書いても良いのかわかりませんけど、福島さんも色々辛いことがあって昨年(旧)岡川薬局を辞めようかと思ったこともあったそうです。
詳しい深いことはわたしにはわかりませんが、それでもこうして7周年を迎えて存続してくれていることを心から祝福し、そして感謝しております。
また以前のように訪れる頻度を増やすのと、小樽のことをもう少し前向きに考えて福島さんの負担を少しでも減らせるようにしたいなあ。
(何をどうすれば良いのかはわかりませんが。。)
小樽には福島さんのような若い世代のリーダーが絶対に必要です。

まあ、でも堅い話は抜きにしても小樽市民の方には(旧)岡川薬局に訪れていただいて、Creators Talkにも参加していただければこれ幸いと、ノンクリエイターおじさんは思うのであります。
クリエイターの方はなかなか面白い企画に絡めるチャンスがあったりするかもしれませんよ?

(旧)岡川薬局7周年おめでとうございます!
福島さんをはじめ全スタッフの皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です