どこか懐かしく、そして熱くなれるスターレスNEO

テクニシャン揃いの歌謡ロックバンド

本日(2017年1月9日)はスターレスNEOのボーカル大橋哲さんのお誕生日!めでたい!
ということで、2016年中に書こうと思って下書きで止まっていたスターレスNEOのアルバム紹介記事を書くぞ!

スポンサードリンク

スターレスNEOは今年で結成から40年(!)になるという大ベテランバンドです。
ただ単にキャリアが長いだけではなく、演奏力はもちろんのこと地元小樽での動員力も凄いです。
キャパが500の小樽ゴールドストーンがソールドアウトするくらい!
昨年末にTVhの「マチュアライフ北海道」で特集されたこともあるし、これからさらに動員上がるんじゃないですかね?)

そんなスターレスNEOの現在のところ公式に入手可能な音源は、2015年にリリースされた9曲入りアルバム「スターレスNEO」のみ。
このアルバムは、1曲目のインスト曲「MAZIN」から各パート見せ場ありで飛ばしている、メンバー全員大フィーチャーな楽曲揃いの良盤です。
(ホーンセクションまで擁しているんですよ!)

全曲メロディーが良質な、一言で言ってしまえば歌謡ロックなのですが、これがまた心地いいんです。
どの楽曲でも各パート主張はしているんだけど、バンドのアンサンブルは崩れていないというベテランならではのアレンジ力、演奏力はさすが。
自分が雷神古俣キッズというのもあるのですが、随所でサラッとテクニカルなプレイが盛り込まれているのがたまらないです。

そして、わたしが超個人的な思い入れが強いのが6曲目の「BEAT ON LADY」なんです。
大昔、リアル中2だった頃に初めて組んだバンドのベースS.Fくんが中学生なのにもの凄いテクニシャンで、いつも練習の合間にスラップの印象的なカッコいいフレーズを弾いていました。
しかし、弾いている本人も誰かから貰ったカセットテープから聴いたのを耳コピしていただけなので、楽曲のタイトルすらわからず、ただそういうフレーズがある曲で歌い出しが「踊り出すリズム〜♪」ということしかわかりませんでした。
(ダビングのダビングみたいな感じだったので音質も悪かったの。)

それから時は流れ2016年、ゆかた風鈴まつりのステージでスターレスNEOを見ていましたら聴き覚えのあるベースのフレーズが!
歌い出しは「踊り出すリズム〜♪」…。
間違いなく昔S.Fくんが弾いていたあの楽曲でした。
大橋さんのMCによるとタイトルは「BEAT ON LADY」。
長年気になっていた曲のタイトルとアーティスト名がわかった瞬間です。
その楽曲を師と仰ぐ雷神古俣さんが現在弾いているなんて、なんか凄い偶然。
しかもCDにこの曲が収録されている!

でもこのCD流通にのっていなくて、スターレスNEOのライブ会場か直接購入しかないんですよね。
というわけで、わたしは昨年末の雷神古俣さんの「吼桜-Hoezakura-」リリース記念ライブで購入したのです。

単なるおっさんの自分語りウザーな記事にしかなっていなくて申し訳ないのですが、音楽ってこういう思い出が染み付いていたりするのが素敵だよなあと思うのです。
「BEAT ON LADY」はわたしの青春の一ページとして死ぬまで記憶に残り続けるでしょう。

脱線しましたがスターレスNEOのこのCDは、以下のFacebookページに書いてある方法で買うことができますので、良質な歌謡ロックが聴きたい方は是非買ってみてください!
個人的には80年代から90年代前半くらいの頃の小樽が思い出されて、胸が熱くなる歌謡ロックだと思います。
(あと、7曲目の「ROCK’n ロリコン」っていうタイトル好きです)
もちろんスターレスNEOのライブを小樽まで見に来て会場で買って行くというのも大アリですよ!

最後に大橋さんお誕生日おめでとうございます!
2017年のスターレスNEOの活動も期待しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です