市立小樽図書館にて特別展示「聖樹のパンと小樽のパン屋さん」開催中!(2016年9月18日まで)

「小樽と言えば寿司!」だけじゃなくパンも!

記事タイトルそのままですが、市立小樽図書館にて特別展示「聖樹のパンと小樽のパン屋さん」が開催されています。

ヤングガンガンで大好評連載中の漫画「聖樹のパン」の舞台が、原作者である山花典之さんの出身地である小樽ということもあり、小樽図書館の100周年を記念して単行本とサイン、別作品の原画などが寄贈されての開催となったようです。
地元民としては嬉しいしありがたい限りですね。
実際に山花さんの水彩(だよね?)の原画(「ボクとユメと美味しいパン」の原画)を眺めると、なんだか暖かい気持ちになりました。

また、それに合わせて小樽のパン屋さんを紹介する展示とパンに関連する図書を60冊展示しています。
展示を眺めていると、名前は知っているけれど実際には行ったことのないパン屋さんもあったりして、とても楽しめます。
(個人的には母親が今年の春まで営業していた某パン屋さんで働いていたので、もう少しお店が続いていたら展示に載っていただろうなあなんて思ったり。)

小樽市民の皆さんも、市外の「聖樹のパン」読者の方もぜひ一度訪れてみては?
2016年9月18日までの開催です!

2016 市立小樽図書館「聖樹のパンと小樽のパン屋さん」展

2016 市立小樽図書館「聖樹のパンと小樽のパン屋さん」展


2巻ももうすぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です